現場日記

早い者勝ちだよ!超お買い得!樹脂デッキを施工してみた。

2017/02/11

今日は、大須賀町で樹脂デッキの工事をしました。

お買い得情報で告知しているのに一向に問い合わせのなかったタカショーの樹脂デッキ(エバーエコウッド)が1台売れました。
これ本当にお買い得です。販売価格を載せたら同業者からクレームレベルです。
なのでこっそり販売しようとしていましたが、問い合わせがまったっくないので困っていました。

なぜ安いのか?ある業者から倉庫で眠っていたものを安く買い上げたからです。
倉庫で2,3年眠っていただけで新品です。

まぁ、相場よりあまり安いと本当に大丈夫と言いたくなるのが人情です。
丁度今回、知り合いが買ってれたので紹介します。

今回設置場所が土間コンクリートでしたが、既設のコンクリートよりサイズが少し大きかったので一部束石での工事となりました。
タカショーの樹脂デッキは今回が初めての施工となるとのでちょっと楽しみです。

説明書にざっと目を通して
ふむふむ どのメーカーもさほど作り方に違いはないようです。
ただ今回、壁と壁の間に収めるので細かい所で納まりが気になります。
普段施工しているものなら細かいところの納まりも分かっているので安心ですが、初めてのものだとやってみないとわからない事もあるので。

まぁ、普通に組みあがっていきます。
今回の樹脂デッキは束柱が調整束仕様でした。もともとの仕様がそうなのかも。

これ調整範囲に収まっていないと結構面倒だったりします。
今回も、土間コンクリートの部分は調整範囲より小さい寸法だったので調整束の意味がまったくなかったです。
こういったところが現場を知らない営業さんが見積もると余分に価格が上がる原因になります。
私は、調整束を使うくらいなら普通の束を切ったほうが早いので理由がなければただ金額が上がるだけの調整束はあまり使いません。

前の部分の束石を置いた部分だけが調整束です。

土台が組みあがってアンカーで固定します。

デッキ材を張って、幕板を取り付けて完成です。
偶然にも板の割り付けが壁と壁の間にすっきり収まりました。
奇跡の一品です。

メーカーのホームページを見るとデッキ材の温度上昇を抑えた加工になっているようです。
こうした人口木材のデッキは夏場の温度上昇が凄いです。素足で歩けないレベルです。
タカショーのエバーエコウッドはこの温度上昇を抑えた加工が最大の特徴といっても良いと思います。
今回初めての施工なので夏場どの程度デッキ材の温度が違うのかわかりませんが、普段施工しているものは暑くてたまらないのは知っています。
夏場に期待です。結果がわかれば紹介したいと思います。

残り2台
2間×12尺 通常販売価格 (工事費込・税込み) 24万円
2間×7尺  通常販売価格 (工事費込・税込み)40万円
色はダークブラウン

さらに〇万円の値引き!特価!
商品の詳しい説明はメーカーホームページで

写真の黄色で囲った部分が残っています。

ステップデッキも材料が揃っていればおまけでつけます。

気になる方はお早めにお問合せください。
なくなり次第販売終了です。

気になる方はこちら

一覧はこちら↓