現場日記

樹ら楽ステージのラチスフェンスの切り詰め

2017/05/08

浜松市中区でLIXILの樹脂デッキ 樹ら楽ステージの施工をしました。
今回はコンクリートの上に設置するので、束石を並べる手間がなくてそのぶん施工が楽でした。
しかし、コンクリートの上に設置する場合は大抵の場合は勾配がとってあるので束を斜めに切る必要があります。
まぁ別に斜めに切らなくてもできなくはないですが、たった1度か2度ですが斜めに切った方が束のぐらつきは少なくなります。

特に問題もなくデッキ本体はいつもよりスムーズに進むので鼻歌で完成しました。

今回はデッキフェンスがオプションであったので続いてデッキフェンスの施工にかかります。
LIXILのデッキフェンスは下準備が面倒です。やたら部品が小袋に分けられていていちいち梱包から出すのが面倒なのとフェンスの仕様によって穴あけの位置が変わるので図面で確認しながら穴あけしなければならないのが手間がかかります。それからサイズが本体ほど細かく設定されていないのでほぼ切り詰め加工があります。

簡単に切れる材料はいいですが、ラチスのようなものは切りにくく切り間違えたら一発で作業終了となってしまうので切るのに神経をつかいます。

まず、台を用意します。

台の上にラチスをのせて切り詰め寸法を出してガイドをクランプします。ガイドはまっすぐな物なら何でもいいです。
このガイドを付けないとまっすぐ切れません。ガイドは丸鋸の刃の位置を計算に入れてオフセットしないといけないので注意が必要です。

以前、他の職人さんがいきなりグラインダーで切り始めたのを見て流石プロは(私もプロですが)グラインダーでまっすぐ切れるんだと感心しましたが、後で見たら切り口が凸凹になり汚くなっていました。
そうりゃーそうなるよね。だって以前自分も同じ事したけどうまくいかなかったもん。って心の中でつぶやきました。
やはりガイドを付けて丸鋸がきれいに切れます。

ふー。どうにか無事に切ることができました。まぁ当然といえば当然なのですが、やはりこのような加工は一発勝負なので緊張します。
切り詰めさえ終われば組立はどうってこともないので後は鼻歌で完成です。

最後にデッキに傷がつくことがよくあるのでその傷を消して作業終了となります。

この方法はデッキの手入れの仕方にも書いてありますが、やったことのない方は躊躇すると思うのでちょっとだけ紹介しておきます。

完成


広告