現場日記

案外積めるものです。イナバ バイク保管庫

2017/02/14

今日は浜松市浜北区でイナバのバイク保管庫 FXN-2234HYの工事をしました。

取引先の倉庫に材料を取りに行って私のハイエースに積み込みます。
この位のサイズになると積み込みがしんどいです。
1つ1つの梱包が重たくてクラクラします。

上手く積み込まないと1回では運べないのでキッチリ隙間がないように積み込んでいきます。
バイク保管庫はシャッターなのでシャッターが場所を取り全部は積み込めないので、一部屋根の上に積み込みます。
しかも今回は床タイプなのでさらに荷物の量が増えます。

他にもブロックを載せて行きたかったのですが、とても載せるスペースがないので現場に荷物を下ろしてからブロックだけ買いに行きました。
近くにホームセンターがあって良かったです。

今日は夕方から見積もり依頼があったので早く終わらせなければ行けなかったので猛ダッシュでくみ上げていきます。
午前中には骨組みが終わり屋根まで載せてしまいました。
これで何とか午後3時くらいには現場を出れそうな感じでした。

壁までつけて最後はシャッターを取り付けます。
梱包には48?2人で持つようにと書いてありますが、1人で運びます。
まぁ、シャッターにしては軽いほうですね。私でもこのサイズ位なら、持って運べます。
運べますが重いです。もう一人いたほうがやっぱり楽です。

シャッターも付け終わりちゃちゃっと完成させてしまいました。
丁度、午後3時に終わりました。

うーん。若かりし頃はもっと早くできたのになぁ。
年々、組立のスピードが落ちていくのが実感できます。

全盛期のころは1坪クラスの物置を1日3台は出来たのに、今ではどうやれば1日3台も建てられるのか不思議に思います。

さておきイナバのバイク保管庫の床タイプの床は普通の物置とちょっと違います。
見た目はこんな感じです。

バイク保管庫っぽい床ですね。

普通の物置は引き戸なので開け閉めがしやすいですが、
シャッターは開ける時にいちいちかがまなければいけませんが間口の開口が広く使えるのが特徴です。

一覧はこちら↓