現場日記

奥行2連棟のカーポート工事

2017/05/22

浜松市北区で奥行2連棟のカーポートの工事をしました。

奥行2連棟のカーポートはカーポート同士をつなぐ為の穴あけ加工が必要なのでひと手間かかります。同じ2台用ならワイドカーポートの方が楽勝です。

まず、柱を立てるための穴を掘っていきますが、汚水菅があるのはわかっていましたので、気を付けて掘っていきます。
1つ目は無事に掘り終わり汚水菅が出てきて位置が分かったので2つ目の穴を掘り始めると水道管が思わぬところから・・・。

あっぶねー。潰さなくてよかったー。

水道管を潰していたら今日の工事はそこで終了となり、水道管の修理の対応で大変な事になるところでした。
無事4つ穴を掘り終わり、ご飯を食べて組立前の下ごしらえをしてショロショロしていると相方が。

午後から相方がお手伝いに来てくれたので二人でサクッと骨組みを組み立てました。
奥行連棟のカーポートって通りを出したり高さをそろえたり柱の垂直を出したりって全部をバランスよく出すのが結構時間がかかります。
どうにかコンクリートまで入れて1日目は作業終了です。
本当はもう少し作業を進めてもよかったですが、現場が遠いので早めに切り上げです。

2日目は屋根を張るのとサポート柱の取り付けです。
サポート柱の受けの設置がちょっと厄介なんですよ。穴を掘ってコンクリートを流しますが、すぐだとコンクリートが柔らかくてサポートの受けが沈んでしまって作業がしづらくなりますので工夫が必要です。

今回はYKKのサポート柱でいたが、YKKはサポート柱の受けをレンガに接着材で固定してからコンクリートを入れると動きにくくなるので作業がしやすくなります。
最初に受けを作ってしまう方法もありますが、今回は時間がなかったので現場で作りました。

サポート柱の受けを最初に作る方法

午前中にサポート柱の受けを作ってコンクリートが乾くのを待ちながら昼ご飯を食べました。
午後から屋根を張りますが作業的には1時間ほどあれば2台分の屋根が張り終わるので楽勝です。
屋根が張り終わったころには、コンクリートも乾いて仕上げをしてサポート柱の穴あけをして作業終了となります。


広告