現場日記

もうダメだ―!でも帰れない。頼りは精神力のみ。

2017/05/24

浜松市中区でフェンスとテラスの工事をしました。

朝現場に向かうと、ナビで現場近くにいるんだけど車が入っていけそうな場所ではない・・・。
何処だ何処だと探すけどまったくわからないのでお客さんに電話。

迎えに来てくれると言うことなので待っていると・・。

この車じゃ入れないよって。現場の状況を見に行くと敷地は広いけど車は入れないので近くの駐車場に止めてって。
100m位は離れた場所に・・・。

たいした距離じゃないと言えばたいしたことないけど荷物をもって移動には距離ありすぎ!イラッ!
聞いてねーよ。これなら事前に言ってくれないと準備ってものがあるでしょ?台車持ってくるとか2人で来るとか!

こういった情報の伝達不足はよくあること。
幸いお客さんが台車を貸してくれたのでそれで荷物を運ぶことに。でも何往復もしないといけない・・・。

朝からイライラするー。くそっ!って荷物を持ち上げたら・・・。ぐきっ?
わ?やってしまいましたよ。ビックリ腰・・・。朝一で。動けん。しばらく固まる。

痛い痛い・・・。人生3回目のビックリ腰。帰りたいよ。
でも、今日帰ったところで・・・1週間は続く痛み。どうせ帰ってもしょうがないと仕方なく動き始めます。

腰に巻くゴムのベルトがあったのでそれで腰をサポート。多少はマシに。
あー痛てー。気が遠くなりそう。

しばらくするとゴムのベルトがブチッ!劣化していたので切れちゃった。
もう頼るものがなくなってしまった。こころ細い・・・。

ビックリ腰やったことない方はわからないでしょうけど、動けるような痛みではないです。

それでもどうにかテラスとフェンスの柱だけは建てて明日に繋げることは出来ました。
これで次の日はフェンスの本体だけなので2時間くらいで作業終了できるはず。なんとか治療に行ける時間は確保しました。

その夜は痛みでほとんど寝られませんでした。
次の日、ちゃちゃっとフェンスを終わらせて治療に行き少しはマシに。

あー。でも1週間は痛いの続くのに仕事休めないよ?。


広告