現場日記

なんか根性なくなったなぁ。と思った折板カーポートの工事。

2017/05/20

浜松市中区で近藤工業の折板カーポートエレントを2日間かけて施工しました。

今回は古いY合掌の2台用カーポートを解体してからの工事でした。
アルミのカーポートなので解体は比較的簡単にできます。これが鉄製のカーポートだとネジが錆ついて外れないのでグラインダーなどで部材を切断しながら解体することになるので手間がかかります。
アルミ製のカーポートはネジが取れなくてもハンマーでぶっさらえば部材が破断するので楽勝です。
相方と二人でサクッと解体させてしまいました。柱を根元で切ると中から大量の水が・・・。まぁよくある事です。カーポートの柱の中に水が満タンに溜まっていました。

大体、1時間半くらいってところでしょうか。解体が終わってコンクリートを斫っていきます。4か所のハツリは疲れます。目標は午前中までに穴を掘りたかったのですが、今日は、気温が高く気持ちが折れます。

あー暑い。二人で暑いしかいってません。今年一番の暑さでした。夕方のニュースでは猛暑日だったとか・・・。

結局、お昼までには穴は掘れませんでした。お昼を食べて、穴掘りの続き・組立前の下準備です。
午前中までに穴が掘り終わっていれば今日終われるのになぁ?なんて思いながら作業を進めていきます。
近藤工業のエレントはアルミメーカの製品と比べて少し手間がかかります。それでもいつものようにサクサクっと作業を進めて残すところ雨どいとコンクリートを斫ったところの仕上げをするのみとなりました。

後1時間あれば終わるといったところでしょうか。若かりし頃の私たちなら意地でもその日に終わらせた事でしょう。
でも最近は、明日にするかぁ?。なんて思ってしまいます。だって今日終わらせるかどうかでその日の日当が上がりますからね。何日かけようが工事金額が同じなので次の日ちょっと出るくらいなら終わらせたいです。
2人で根性なくなったねーなんてささっと帰る支度をはじめます。

それにしても根性なくなった。若い時は折版カーポートを1人で施工することもあったのに今じゃ2人でこれかぁ。
折版カーポートを1人で組み立てるのは大変ですが、ちょっとした道具を作ればまぁできます。

出来るには出来ますがやはり危ないので2人での作業をお勧めします。風なんか吹いていたら楽勝で怪我します。

企業秘密ですがちょっとだけ折版カーポートの折版をのせる道具をちらっとだけみせます。

これがあれば折版を上げるのがかなり楽になります。


広告