現場日記

あと5mmに泣く 間仕切り柱のフェンス工事

2017/02/10

間仕切り柱のフェンス工事を2日間の予定で浜松市中区で行いました。

初日は、ブロックの上にフェンスの柱を設置するための穴あけ(コア空け)です。
間仕切り柱のフェンスは穴の位置がかなりシビアになるので神経を使います。
直径65?の穴を空けますが柱が35?角くらいあるので誤差は+-5mm程度になってしまいます。
位置決めを相対の寸法で追っていくとズレが出るので原点から寸法を出す絶対値で位置を出さないとあっという間に5mm位、まぁズレます。
穴を大きくすれば許容範囲を大きく取れますが、そんなにコアの種類を持っていないし穴は小さいほうが建てた後ふらつきは小さくなるので作業性はいいです。
慎重に穴を空けて基準の柱を1本建てて初日は終了です。途中から雨が降り出してきてとても寒かったです。

2日目は、フェンスを建てていきます。
前の日に柱を1本建てておいたのでこれを基準にしていきます。
フェンスの本体に片方の柱を取り付けて先に建てた柱に取り付ければ1枚完成します。

柱が固定されているので非常に施工が楽になります。
穴あけがズレていないかドキドキです。
はじめに柱を建ててもいいですが、とても時間がかかる作業になってしまいます。
しかも、寸法がちょっとでも狂えば本体の取り付けが出来ないのでハイリスクになります。
物によっては許容範囲が10mm程度あるものもあるのでそういった物は先に柱を建ててしまう場合もあります。
今回の間仕切りのフェンスは許容範囲が狭いので(2mm程度)本体を組みながら合わせていくと楽です。

順調に穴がズレることなく作業が進んでいきます。

と思ったら、ブロックを積みなおししているところで・・・・。

あ?・・・。
5mm位穴に入らない・・。

やっぱりそんなにうまく行かないものです。
仕方がないので道具を準備します。
この準備が時間がかかるので面倒くさいです。
穴を広げる時間は5分程度なのに、準備と片付けで10分位。
準備の方が時間がかかります。

ブロックの穴を10mm程度広げました。
穴の形が変わっているのがわかるでしょうか?

とりあえず加工しなくても済むところをすべて取り付けて丁度お昼になりました。
午後から、切り詰めの作業です。

切り詰めは5カ所。気合を入れないと今日終わりません。
こういったラチスのフェンスは切るのがちょっと難しいですが、アルミのフェンスよりは時間はかかりません。
ネジを8カ所ゆるめれば、バラバラになりました。

アルミのフェンスは切り詰める場合、多くは1度フェンスをバラバラに解体して切り詰めてから再度組立てるので、1枚切るのに40分位かかる場合があります。
何年かぶりに間仕切りのフェンスをやりましたが、思ったよりはすんなりいきました。

今回やったこのようなラチスフェンスは穴の寸法こそしっかり出しておかないといけませんが、施工自体はそれほど難しくはありません。

無事完成!


広告




一覧はこちら↓