プロから見たエクステリア業界の事情

異常じゃないですから3

2016/11/09

我々、施工士にとっては当たり前過ぎてなぜこれがクレームになる?っと思ってしまいますが、初めてエクステリア商品を取り付けする方には何これ!なんか変じゃない?何が起こっているんだ!これは手抜き工事なのでは?なんて不安に思ってしまう事があると思います。
今回は、ウッドデッキ(樹脂デッキ)に水が溜まるという事案について紹介させていただきます。

前回紹介した、カーポートの屋根に水が溜まるのと同じようにウッドデッキ(樹脂デッキ)に雨上がりに水がたまるという方がたまにいらっしゃいます。
カーポートの屋根に水が溜まるといわれることよりもウッドデッキ(樹脂デッキ)に水が溜まると言われることの方が多いですが異常ではありません。

%e6%a8%b9%e8%84%82%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%ad-%e6%b0%b4%e6%ba%9c%e3%82%8a-1

%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%ad-%e6%b0%b4%e6%ba%9c%e3%82%8a

基本的にウッドデッキ(樹脂デッキ)は水平に設置します。
そのためやはり水が残ることは多いと思います。しかしこれはテーブルの上で飲み物をこぼしてもどこにも行きませんよね。それと同じです。天気が良くなれば乾きます。
ウッドデッキ(樹脂デッキ)は材料がそっていたりすることもあるので水平に設置すればこのような現象は避けられません。
自然現象である以上、我々施工士はどうする事も出来ません。
もしできる事があるとするならウッドデッキ(樹脂デッキ)に勾配を付けて設置することです。ただあまり勾配をきつくすることは出来ませんので付けたとしても1%位だと思います。(1mで1cmの勾配)
しかし、人工木の樹脂デッキの場合、表面がざらざらしているのでどこまで水が流れるのかは保証できません。人工木の樹脂デッキは本物の木と違って腐るものではないのでそれほど水が残る事は気にする必要もないとは思います。
勾配を付けると、オプションでデッキフェンスや階段などを設置した場合に柱が斜めに見える、階段が斜めに傾いて見えるなどの他の問題が出てくると思います。たかが1%の勾配と思うかもしれませんが、敏感な人は結構傾いて見えます。私が実際に勾配を付けて欲しいと頼まれて付けたこともありますが、やはり階段を勾配を付けた横側に設置したら階段が斜めに傾いて見えました。そういった事もありますので、特に水が残ることを気にされない場合は勾配を取る必要はないように思います。
私も勾配を付けて設置したのは、樹脂デッキを何百台か施工しましたが2件位だったと思います。

エクステリア商品は高額なので、長持ちしてほしいと思うお気持ちも分かります。
ただ、あまり神経質になると心が病んでしまいますので、そういう物なんだと受け入れることも大切だと思います。