デッキ

エクステリアDIY 樹脂デッキ編

2015/10/02

樹脂デッキは、DIYで挑戦するには少し難易度が上がります。
切り詰めや障害物を避けるための切欠きといった、加工が多く道具も必要になってきます。

point
通常の施工方法では地面が土の場合は束石を並べます。
束石での施工の場合かなり精度よく束石を並べないと後で苦労します。
高さの調整は調整束タイプを選択すれば、高さ調整が簡単になりますが道具がそろっているなら束は切った方が楽でコストも抑えられます。

新たに土間コンクリートを打設する場合は、水がたまる可能性はありますが水平にした方が後の施工は楽になります。
既にコンクリートが打ってある場合は大抵1度?2度程度の傾斜がついているので束を斜めにカットしないと束の座りが悪くなります。角度切が出来る丸ノコが必要になります。
その代り束の位置出し作業が簡単になり施工性は良くなります。
また後々、デッキ下がきれいで束の不陸がないのが良い点です。

かまツーがお勧めする、初心者の方の施工方法は束を地面に埋め込んでしまう施工方法です。
これはあまり施工しないやり方ですが初心者にとっては一番問題が少ない方法だと思います。
この方法だと、束石での工法より位置出しに神経を使う事がないし土間コンクリートのように束を斜めに切る必要もありません。
また、束石やアンカー止めする時に使う振動ドリルなどが不要になりますのでコストも抑えられます。
樹脂デッキは、骨組みが組めればデッキ材を張るのはそれほど難しくありません。
後は幕板の種類で多小難易度が変わります。

どのメーカーを選ぶか?
三協立山アルミ ひととき

組立説明書は理解しやすいとは言えないと思います。
場合によって図面の寸法通りで束の位置を決めるとデッキ材を張るときに「うっそー!!」って事になります。
私も、たまに他のメーカーと勘違いしてしまい「やっちまったー」って事があります。
そうなっても、完成できない事はないですがかなり作業効率も落ち”イラっと”します。
寸法出しはかなり精度を要求されますので少し難しい印象もありますが、作りは良いのでお勧めです。

 

LIXIL 樹ら楽ステージ
組立説明書はまずまず理解しやすいでしょう。
施工性は良いと思います。
ただし、厚いタイプの幕板を取り付けるのは注意が必要で、うっかりするとうまくはめることが出来ずどうにもならなくなってしまう事があるのでこれだけは注意が必要です。

LIXILでもレストステージは避けた方がいいと思います。
コスト面ではレストステージの方が抑えられますが、加工が大変です。

こちらで図面を確認できます。クリック

 

大引きに正確なピッチでたくさん穴あけをしなければいけません。
ほかの商品はこの作業がないです。特にDIYで初めて挑戦する方にはおすすめできません。
正確な穴あけを何十個もしなければならないため難易度が上がります。

コスト優先で出来栄えを気にしなけれOKです。

YKK リウッドデッキ
図面は一番理解しやすいと思います。
施工性も悪くないのでまずまずです。
デッキ材が他のメーカーより薄いので大引きの数が増え束も多くなります。
基礎工事が他のメーカーより時間が余分にかかります。

どのくらいの時間がかかるか
デッキの大きさにもよりますが2間×6尺くらいで、束石を並べる方法・穴を掘って埋め込む方法では土台の骨組みを組むのに1日位。
コンクリートの上に設置なら半日くらいだと思います。ただし、新たにコンクリートを打設する場合はそちらの工事が時間がかかります。

土台の骨組みが出来てしまえば、デッキ材を張るのと幕板で1日くらいだと思います。

フェンスや階段などのオプションの取付は思いのほか時間がかかります。
1つのオプションを取り付けるのに2時間はみておきましょう。(フェンスは1カ所2時間×枚数)

組立の流れ(本体)
束の位置だし
図面に従って束の位置を出しますが、この時注意しなければならないのがサッシ下にデッキをもぐり込ませる場合です。
サッシが壁から何mm出ているか確認して大引きと干渉しないか確認してください。
三協立山アルミの場合、高確率で図面通りで位置を決めるとデッキ材のビス止めが出来なくなります。
この時、図面通りに施工してしまった場合はデッキを張る段階で骨組みを前に引っ張り出し、デッキを貼り終わったら元の位置に戻します。
束石での工法の場合は、束が束石から落ちてしまう事が多いので大変施工しにくくなります。
アンカー止めの作業もデッキが貼り終わってからしなければならないため、デッキ下に潜り込んで作業することになるので作業しにくくなります。

束の高さを決める
レーザー墨出機があると高さを図りやすいです。
ない場合は水平器でも出来ますが、高さ調整束を選ぶ方が作業しやすいと思います。
束の高さは正確に出さないと束が浮いてしまいます。
ここまでがデッキ工事の難しいところです。

土台を組む
束の高さが決まってしまえばビス止めするだけなので、図面に従って施工してください。
組み終わったら、対角を確認して位置を正確に出してください。

アンカー止め
土台の位置を決めたらアンカー止めします。

デッキ材を張る
両端にデッキ材を置き糸を張って、通りを合わせてデッキ材を張っていきます。この時、特に三協立山アルミは正確に寸法を出さないと幕板がうまく取付できません。

幕板を取り付ける
図面にしたがって幕板を取り付けます。
LIXILは厚いタイプの幕板を選んだ場合、かなり慎重に取付を行ってください。一度はめ込んでしまうと外すことが簡単ではありません。

アドバイス
樹脂デッキは、施工場所によってメーカーや施工方法を変えるほうが初心者の方にとっては施工しやすいです。
そういった判断をできる販売店で材料を購入しないと途中で投げ出してしまう可能性が高い商品になります。

プロが教えるDIYで作る樹脂デッキ施工方法


広告