カーポート

1台用カーポートのサポート柱の設置の仕方 (土の場合)

2016/06/27

1台用のカーポートはサポート柱を設置することで風に対する強度が増します。
サポート柱はDIYでも十分施工できるかと思いますので是非、取り付けをお勧めします。

今回は、設置場所が土の場合の施工方法を紹介したいと思います。
土の場合に私がよくやる施工方法ですが、先にサポート柱の受けを作ってしまうやり方が比較的やりやすいと思います。

この方法のメリットは、位置出しがしやすい事と雨でも工事が可能だと言う事だと思います。

DIYなら雨なら施工しなければいいだけですが、プロはそうは言っていられない場合が多々あります。
今回も梅雨時の工事でいつ雨が降るかわからない状態でしたのでこの方法を取ることにしました。




まずは型枠を用意します。
今回は、プラスチックの植木鉢があったのでそれを型枠にしました。

固まったときに取り出しやすいように植木鉢の底を切り取ってしまいます。

サポート柱 型枠

モルタルを型枠に流し込んで受けを設置します。
この時に受けに浮力が働いて浮かんでしまいますので、多少モルタルが乾いてから高さを調整します。

モルタルを練る水の量や日向か日陰かでも乾く速さが違いますのでよく観察してください。
あまり固くなってしまうとどうにもならなくなってしまうし、水が浮いている時に触りすぎると乾きが遅くなります。

サポート柱 受け 設置

表面が押しても少し凹むくらいなら仕上げてもいいかと思います。
押したときに指がズブズブ入るようではダメです。

サポート柱 受け完成

これを時間のある時に作っておくと後が楽になります。
型枠から外すときにおそらくきれいに外れないと思うので、型枠はグラインダーで切ってしまいます。

で、現場でサポート柱の位置を出したら穴を掘ります。
穴を掘り終わったらモルタルを流し込み事前に作っておいた受けを設置します。

サポート柱 設置
サポート柱は設置後固定するための穴あけが必要なメーカーと固定用の穴が開いてしまっているメーカーのものがあります。
今回は固定用の穴が開いているものでしたので、受けが固まっていると位置や高さが非常に出しやすいので作業性がかなり良くなりました。

これを直に設置するとなるとなかなか微妙な位置や高さの調整や型枠を組んだりが多少面倒ではないかと思います。

受けは水平に設置しないとうまくサポート柱のひっかけに入らな場合があるので注意してください。
このように受けを先に作っておけばサポート柱をすぐに取り付けることが可能できちんと取り付けられるか確かめることも出来きます。

サポート柱 完成

この日も途中で雨が降り出しましたが受け自体は乾いているので問題ありません。




夏場の作業は熱中症の恐れがあります!
夏の暑さ対策は必要です