エクステリアの組立

以外に難しいフェンス工事 教えます。 ブロック編

2016/12/16

エクステリアのDIYをする場合、簡単そうで以外に難しいのがファンス工事です。
見た感じ柱を建てて本体を張るだけっと思ってしまいがちです。
部品も少なく図面も簡単に書いてあるのでそう思っても不思議ではありません。
実際、私が依頼を受ける業者の営業さん方は簡単に考えている傾向があります。

でも、フェンス工事って意外と奥が深いです。
まぁ仕上がりを言わなければそれほど難しくないのも事実ですが。

ではどの辺が難しいかというとポイントがいくつかあります。

・柱の通り フェンスの仕上がりの綺麗さに影響します。
・柱の位置 施工のしやすさと強度に影響します。
・コーナー部分の合わせ mm単位の精度を出さないと付けれない場合があります。

特にコーナーの部分は切り詰めが必要で道具がないと商品によっては大変難しいと思います。

では解説していきます。




フェンスの通りを出すには角に柱を建てて水糸をはって中間の柱を建てていく方法が通りを出しやすいです。
DIYでやる場合、角の柱をコンクリートで固めてから作業するのがいいでしょう。
焦らず作業を分けたほうが効率的で作業がしやすくなります。

フェンスの柱は角から

柱が固まったら水糸を張れば柱の通りはでます。この時上下2本水糸を張ればさらに通りは出しやすいと思います。
この時注意したいのが通りを出すのに夢中になって横方向の垂直が出ていないと後で取り付けが困難になる場合があるので気を付けてください。
また、風が強い日は水糸が揺れてしまい作業が大変しずらいうえ仕上がりにも影響するのでDIYで施工する場合はできるだけ風のない日に柱を建てる方が、うまくいくと思います。

次に柱の位置の振り分けですが、
張りはじめ本体に2本の柱が両端から200mmくらいの所に来るのが理想です。
これを基本にして解説します。

フェンスの柱 張りはじめ

このように張りはじめに2本の柱を建てたい理由は施工のしやすさです。
よくあるのが、後からフェンスをやるためにとりあえずフェンス用の穴を空けておく場合がありますが
張りはじめから2m(2000mm)ピッチで空いている事があり柱がない側は何かで支えてやらないとフェンスを張ることが出来ません。
非常に作業性が悪くなります。

フェンスの柱 ダメな例

フェンスダメな例
*常にフェンス本体を張っていく方向に柱がある事。図は本体を張る時に本体右側を何かで支えないと張れない例

ブロックのつなぎ目は通常鉄筋が入るので鉄筋が邪魔で柱の通りが出ない可能性もありますのでフェンスの柱が来るところは基本ブロックにし真ん中の穴を利用します。
アルミフェンスをブロックに施工する場合、ブロック1本が400?(CBブロックは目地含めて・化粧ブロックは目地なしで)なので2m(2000?)ピッチで穴が空くことになりますが、アルミのフェンスの多くは1975mmピッチです。
これが結構厄介で、本体を8枚張ると200mm短くなります。
つまりフェンスが柱に追いついてしまい柱の位置とフェンスの接続部分が同じところに来てしまって非常にやりにくくなります。
場合によっては加工が必要になります。
ブロック5本ごとに基本ブロックを入れていきますが8枚目の本体が来るところは、ブロックの穴で調整できる場合(CBブロック)は穴の位置を変えるか(穴の位置で調整した場合はそれ以降も穴の位置を調整する事。この場合、4枚ほど張るとまた追いつく)ブロックを4本積んだところに基本ブロックをづらしそこからまた5本ごとに基本ブロックを入れます。
化粧ブロックの場合は一つ手前のブロックに柱を立てそこからまたブロック5本ごとに柱を立てます。

このように長い距離になる場合柱の位置を修正していく必要が出てくるので結構、頭が混乱します。
この作業をしないとフェンスが柱を追い抜いてしまい、フェンスを何かで支えながら張る必要が出てきます。
大抵は住宅の敷地の周りを囲む場合は、1度か2度ずらせば間に合います。

写真の上が基本ブロック 下が横筋ブロックです。
横筋ブロックは、鉄筋を通すための溝になっています。
ブロック 基本と横筋

化粧ブロックの多くは横筋ブロックしかなく真ん中に穴が空いています。
溝になっている方が上になります。上下逆にすればCBブロック基本のように両サイドの穴を使えますが、
柱を建てようとすると、穴の底に柱が当たってしまうので柱を切る必要が出てきます。
化粧ブロック

しかし、メッシュフェンスなど中には2mピッチのものがありますのでその場合はこの作業は必要ありません。
また商品によって柱のピッチが1mのものもありますので事前に確認が必要です。

コーナーがある場合はコーナーから柱の位置を出した方が後の作業がしやすくなります。
なぜコーナーから位置を出した方が良いかというと
張りはじめにコーナーの位置が決まり最後の切り詰つめが直線部分で出来るので切り詰めの寸法がシビアでなくても良いからです。
これが、最後に張るのがコーナーになってしまった場合切り詰めの寸法を出すのが難しくなるか、手間が増えます。
ただコーナーが2カ所以上になる場合はどちらかはコーナー部分での切り詰めが必要になります。

そして注意しなければいけないのは角につき合わせたブロックの方はブロックの厚み分寸法が変わるので、
フェンスが追いつくのが早くなります。

フェンス コーナーの柱

なぜアルミフェンスの多くが1975mmなのかと言うと、これは自在柱の場合で間仕切り柱と言うのも存在してこの間仕切り柱を使用した場合はピッチが2m(2000?)になります。
(違う場合があるかもしれませんが)
アルミフェンスの間仕切り柱は非常に施工性が悪いのでほとんど施工しません。
境界に施工する場合、中間に設置する場合などに用います。
(自在柱はフェンスの裏表が出来ます。通常柱が見える側が裏)
メッシュフェンスの間仕切り柱仕様は面倒ですが、アルミの間仕切り柱使用に比べたらずいぶんマシです。
(10mm程度の誤差は共用できるものが多い)

間仕切り柱はDIYでは難しいと思うので、自在柱をおすすめします。

柱をうまく建てられればいよいよ本体の設置です。
本体の設置で難しいのは、はっきり言ってコーナーの部分だけと言ってもいいです。
コーナーの部分はmm単位での調整が必要になります。

では、コツを!
柱の設置で説明したようにコーナーから寸法を追い出していればコーナーから張り始めることになります。
この時2人で作業できるようでしたら楽勝です。
あらかじめ、コーナー部材で本体を繋いでおいて2人でフェンスを持ち上げて柱に合わせれば、簡単にコーナーの位置が決まります。
コーナーの位置がき決まれば後は張るだけです。
コーナーが2カ所以上になる場合もコーナーに一度フェンスを取り付けてコーナーを決めてしまいます。
そして本体を張ってきた側とコーナー側のフェンスとの間の寸法を測れば切り詰める寸法がでます。
切り詰めたらコーナーのフェンスと入れ替えれば完成です。
とにかくコツはコーナーから決めてしまう事です。
フェンスの最後は切り詰めることが多く柱のピッチは2m(2000?)以下になると思います。
だから常にコーナーから寸法を出すようにすれば自然とコーナーの位置を決める時に本体に2本柱がかかる状態になるはずです。
仮に柱が1本しかかからない場合、不安定でコーナーの位置が上手く決まらない事もあります。

フェンス工事のコツ

コーナーが複数ある場合
フェンス切り詰めのコツ

コーナーの位置決めが不安な方は、コーナー部材を使わず縁を切ってしまえばmm単位の調整はいらなくなるのでそれでもいいと思います。

ただ、DIYレベルのフェンス工事で切り詰めが出来るのは縦格子のフェンスかメッシュフェンス位だと思います。
特に横桟系のフェンスは一度フェンスをバラバラに解体するものが多くDIYで手を出すと痛い目を見ます。

プロでもフェンスの切り詰めは厄介で時間がかかるし気を使います。

フェンス工事はブロックを積む段階から計画的に位置を決めないと柱を立てる時に空いている穴を利用することしか出来なくなってしまいます。
DIYでフェンスに挑戦したい方はブロック積みの段階で業者と事前によく相談しておくことをお勧めします。

業者の苦労を参考に現場日記


広告