現場日記

ストレス全開の折板カーポートの工事!

2017/03/07

磐田市で近藤工業のエレント(折板カーポート)に側面と背面に波板を取り付ける工事を3日間かけて施工しました。
近藤工業のエレントの折版カーポートはアルミメーカのものと比べて見た目を気にしなければコスト的にはお得です。見た目と言っても屋根の縁周りがアルミメーカーのものの方がすっきりとしていてカッコウはいいと思いますが、それほど気にするようなものでもないかもしれません。私の施工経験としては近藤工業のエレントの方が圧倒的に多いです。でも、施工はアルミメーカーの方がしやすいのでアルミメーカーの商品の方が好きです。

近藤工業エレント組立 初日
初日は折板カーポートを施工しました。
近藤工業のエレントは三協立山アルミのG1やLIXILのウィンスリーポートといった折板カーポートよりも施工に手間がかかります。今回はハツリ工事もあるので結構、時間に余裕はありません。
朝からちょっと気合を入れて材料を荷受けします。
すると・・・。

柱の長さが注文と違う事が発覚!材料の発注ミスです。
わーい!今日は帰れる?。こんな時こんな風に思ってしまいます。
だって、できないじゃん!

すると、ミスした人が材料をメーカーまで取り行くからそのまま続けてくださいと・・・。
もう、やる気の糸が切れてふわーっと気持ちがどこかへ飛んで行ってしまっています。
こういう出鼻をくじかれるのって本当に辛いです。

そういっていても仕方がないので材料が届くまで組立前の下ごしらえです。
コンクリートを斫って屋根の穴あけをして・・・あれやこれや。本当に材料間に合うのかなぁ?
材料取りに行くって言ったって愛知県ですよ。隣の県ですよ。往復したら4時間くらいはかかるでしょ。

昼ごはん食べて、下ごしらえも終わってまだ来ない・・・。
ほらね。そんなにすぐに来るわけないでしょ。待ちぼうけです。

結局、来たのが14時半くらいです。終われる今日?
猛ダッシュです。猛ダッシュ。
キー風が吹き荒れています。折板カーポートの屋根って5mもあるので風が強いとあおられて危険です。脚立から転げ落ちそうです。
釈迦力になって組立てて17時半くらいに何とか雨といを残すのみとなりました。
はーっ疲れたー。肉体的にも精神的にも。


広告




近藤工業エレント組立 2日目
2日目は波板を張るための骨組みを作っていきます。
雨です。ザーザーです。
はぁ?。合羽切るの嫌だなぁ。雨の中でやりたくないなぁこの季節濡れると寒いし。
しかし一応、折板カーポートは完成してますので屋根はあります。
初日にやり残した雨トイを付けないと雨が垂れ流しなのでビチャビチャ雨水が飛び跳ねて大変なことになってしまうのでとりあえずトイを付けました。
これでOK!作業できる状態にしました。
汎用部材を使って作っていきますが、このようなものはすごく手間と時間がかかります。
一見、たいしたことなさそうな地味な作業ですが、寸法を測って材料を切ったり穴を空けたりと思っている以上に時間がかかりります。見た目的にも作業が進んでる感が出ないので気持ちがのってきません。
それでもどうにか頑張って骨組みだけは完成しました。


広告




近藤工業エレント組立 3日目
3日目は一人での作業です。
前日の雨が上がって天気は晴れですが、風はものすごく吹いています。
ゴーっ・・・ブォーって音がしています。風の音がイライラをつのらせます。
こんなにも悪条件が重なるとは・・・。
初日から材料が遅れてイライラ・・・二日目雨が降ってイライラ・・三日目は風かよ!
しかも一人だぞ!こんな風の強い時に波板なんか張れたものではありません。波板を持っていると風で”くの字”に曲がってしまいます。台風の時に家の修理をしていて風で飛ばされて死亡というニュースを見ますが、同じですね。一歩間違えたら吹き飛ばされてケガでは済まない気がします・・・。

本当なら1枚ずつ骨組みに当てがって穴あけをして行きたいところですがそんなに時間的余裕もないし、風が強すぎて波板を持っていられないしで、ここは覚悟を決めて10枚重ねてまとめて穴あけをしました。間違えたら作業終了の一発勝負です。

穴あけが終わって1枚あてがってみて穴があっているか確認です。
おー合っている。ほっと一安心・・・。できん!

風が吹きまくって一人では波板を抑えているのがやっとです。気を抜くと飛ばされてしまいそうです。
向こうの方に置いてある波板が風でバサバサっ飛び散らかしてくれています。
くそー。イライラする?。
どうにか背面のパネルが張り終わり、時間が読めてきたのでなんだか先が見えてきました。

次は側面を張りますが、また緊張の穴あけです。
波板を重ねて穴を空けて骨組みにあてがうと・・・おーあってる。
こちらは屋根の勾配があるので上の方を斜めに波板を切っていきます。
風がより一層強くなっています。台風並みですよ。こんな時にやる作業ではありません。身の危険を感じます。
それでもどうにか耐えて耐えて完成です!
ストレスが溜まりまくったカーポート工事でした。

ストレスは溜まってもなぜかお金は溜まりません。


広告




一覧はこちら↓

 

ちょっと厄介なテラスの施工

2017/03/01

今日は、浜松市浜北区でテラス2間×5尺 出幅切り詰め 前面パネル2段の施工をしました。
一見どうってこのない現場ですが、テラスを取り付ける場所の壁を触ると・・・。

あ?このパターンか・・・。

厚さ0.5mmあるかないかの鉄製の板の中に断熱材が入っている壁です。
ミニハウスなんかでよくみる壁ですね。

こういった壁はビスがききません。
壁の内側のどこにビスがきく場所があるか全くわかりません。

写真のように釘でも打ってあれば内側に木が入っていることがわかりますが、今回の壁では見当もつきません。
一応、柱が入っていると思われる場所に穴を空けてみましたがスカスカでビスが空回りしてしまいました。

こういった場合どうするかというとドリルビスでちょっと留めてコーキングで接着というのが今までのパターンでした。

コーキングで接着で大丈夫?って思われるかもしれませんが、多分大丈夫です。
多分じゃ困ると言われそうですが、メーカーのように大規模な実験装置で試したわけではないので経験で大丈夫と判断しています。

じゃーその根拠は?って事になりますが、古いテラスを解体することがありますが、ビス留めされた部材(垂木掛け)のビスを全部外してもコーキングだけでもがっちりと留まっています。ものすごい力で引っ張ってもとれません。バールでこじても、壁を傷めるだけです。
引っ張てもとれないのでコーキングをカッターで切らないと壁から部材を取ることができません。

また、こんな体験をしたのですが、船の船外機を船体と固定するときに水漏れ防止にコーキング処理をしたことがありました。整備のために船外機をチェーンブロックで持ち上げようとしました。1tは持ち上がるチェーンブロックだったのですが、船体ごと持ち上がって巻き上げ出来ないほど力がかかっていました。
おかしいと思い原因を考えるとコーキングでくっついているとしか思えず、コーキングをカッターで切ると船外機が持ち上がりました。
1tの力で引っ張ってもとれなかったって事です。こうした事から、コーキングで接着すればよほど大丈夫と思っています。

このような事は今までも何回かあったし周りの職人さんに聞いても同じようなやり方をしています。
テラスが飛んだという話は聞かないので恐らく大丈夫なのでしょう。

とはいえやはりビス留めしたいものです。
0.5mmの鉄板にビスはきかなくはないです。実際、折板カーポートなどでは0.5mmの鉄板をビス留めしています。
ただ今回のような壁は何ミリあるのかわかりませんが、ビスは空回りすることが多いです。

どうしようか考えていたら良いことを思いつきました。
リベットで留めてしまえと。

やってみると結構しっかりと留まりました。
エクステリアの製品でリベットで留めてある物って結構あります。
やってみるものです。これからこの方法で行きたいと思います。
いつもは、ビス締を加減して空回りしないようにちょっと留める事しか出来ませんでしたが、それよりはしっかり留まっている感じがします。

垂木掛けが留まり続いてコーキングです。
今回の壁は縦方向に壁の繋目が出来てしまうので、雨漏りの可能性が大です。
垂木掛けの上から軒天までそれ程距離がなかったので、繋目をすべてコーキングで処理しました。
これで雨漏りの心配はないでしょう。

このようにコーキングの距離が短ければコーキングで処理しますが、たまに2F の高さまで繋目がある場合がありますが、その時はお手上げです。
とても簡単に雨漏りを防ぐ事は出来ません。そういうものだと理解していただくしかないか、費用を貰って処理するしかありません。(高額になります。)

コーキング処理も終わって、出幅を切り詰めて前面パネルを2段付けて作業終了です。


広告




一覧はこちら↓

 

苦戦!サンルーム(テラス囲い)の取り付け

2017/02/16

浜松市西区でサンルーム(テラス囲い)の工事をしました。
サンルーム(テラス囲い)は取り付け場所によって難易度がかなり変わります。私はサンルーム(テラス囲い)の施工は100件以上はやっていると思いますが(いちいち数えていないので)、3割?4割くらいは何かしらの加工が必要になって来ます。経験がものをいう商材なので商品選び以上に職人さん選びを大切にしてください。では、今回の奮闘をご覧ください。

悪戦苦闘のサンルーム工事 初日
今回の取り付け場所は、古いトタンの壁に取り付けるので苦戦することは確実でした。
トタンの壁はボルトを効かせる場所が限られてしまい穴あけ加工が必要になってきます。
内部の構造がわからないし図面があるわけではないので壁を留めるために打ってある釘の位置を狙うしかありません。
しかも今回は角波トタンなので位置によっては部材がかなり取り付け難い状態になってしまいます。

朝一で取り付け位置を出し壁の状態を確認しました。

やっぱりな・・・。

古い家でこうしたトタンの壁の時って結構、壁の垂直が狂っていたり曲がっていたりして普通には取り付けできない事が多いです。
今回も上と下の寸法が15mm?20mm位違っています。壁も波打っていて場所によって隙間が違っています。

そのまま取り付けたら、引き戸が閉まらないか、床を斜めにして無理やり引き戸を締められる状態にするかになってしまいます。
多少、壁の垂直が違う程度なら引き戸の方で調整が出来ますが今回は絶対無理と判断しました。

壁の部材の隙間にスペーサーを入れて垂直になるように取り付けていきます。
こだわっただけあってかなりいい感じ骨組みは組みあがっていきます。
後の事を考えたらここに時間をかけたほうがいいですね。
壁に付ける部材(躯体柱)を調整したら屋根を構成する部材の所なんか20mm位はスペーサーを入れました。
コーキングが出来るようにバックアップ材を詰めていきます。

これだけの隙間をコーキングで塞ぐのは、かなり難しいです。しかも、角波トタンの凹凸が難易度をさらに上げます。
私たちエクステリア職人もコーキングの技術は仕事上必要なのですが、コーキング専門の職人さんのようには綺麗に仕上がりません。
綺麗に仕上げるための条件がある程度揃っていないとうまくはいかないものです。

たとえて言うならラーメン専門店と中華料理屋のラーメン?
ラーメンも作れるけどラーメン専門店に比べたらちょっと落ちる感じですか・・・。

それとも、歯医者と目医者?
同じ医者だけど分野が違う・・・。

プロだからといって何でもかんでもうまく行くわけではありません。

まぁ、そんな感じです。

今日は何とか骨組みまで終わりました。
明日は、屋根を張るとこからです。

壁の隙間をどう塞ぐか悩みどころです。
こういったところがトタンの壁はやってみないとわからない事が多いので大変です。

いろいろ策を練りますが、適当な材料もすぐ手に入らないし困ったものです。
結局、コーキングで何とかするしかないんだろうなぁ・・・。

うまく行くか心配です。


広告




悪戦苦闘のサンルーム工事 2日目
昨日の続き浜松市西区のサンルーム(テラス囲い)の現場です。

さぁ、いよいよ問題のコーキング処理です。
まずは、屋根の部材(垂木掛け)の部分の見えないところで練習です。

まぁまぁの出来ですがやっぱり角波トタンの凹凸が邪魔で上手くいきません。
これだけの幅をうまくコーキングするにはやはり相当な経験を積まないといけませんね。

順調に組立ては進んでいきます。
本体の垂直をこだわってかなり修正しておいたのでサッシの枠もうまく納まっていきます。
網戸をはめて確認します。ほとんど調整しなくても綺麗に閉まります。当然ですけどね。

コンクリートで柱を根固めして、いよいよ壁際(躯体柱)のコーキングに入ります。
結局、隙間を塞ぐ良い材料が手に入らなかったのでコーキングで処理します。

隙間をバックアップ材で塞いでいきますがサイズが合わず緩いところや入らないところが出てきます。
このバックアップ材の処理をしっかりとやっておかないと後でコーキングがうまく行きません。
しかし、手持ちのバックアップ材だけではうまく塞げずまだコーキング材の量が多くなってしまいます。
仕上げ用のコーキング材の使用量をちょっとでも減らすように別の色のシリコンで捨て打ちして隙間を減らしておきます。
こうしないと仕上げの時にヘラでおさえると奥にどんどんコーキング材が流れてしまい、何回もコーキング材を打ち足す事になります。

これで下処理は終わりでいよいよ本番です。
コーキングを綺麗に仕上げるためにはマスキングの張り方とコーキング材の量、ヘラの使い方などいろいろな事に技術がいります。

今回のように30mm位の幅でコーキングする事はほとんど経験した事がないので緊張します。
コーキングは何回もヘラでなぞることは出来ません。
時間がたって幕が出来るとなぞればなぞるだけ汚くなっていきます。
夏場は2,3回なぞっただけで幕が出来てしまうのでコーキングは一発勝負のつもりでやらないといけません。

今回は冬場なので、そこまで幕が出来るのは早くありませんがそれでも何回もなぞることは出来ません。

コーキング個所は2.4mを30mmの幅で4カ所。材料が足りるか心配です。

1カ所目、みるみるコーキング材が減っていきます。1本と半分くらいは使ってしまいました。
ヘラで仕上げていきますが、許容範囲ではあっても自分で納得いく仕上がりにはなりません。

2カ所目、3カ所目と試行錯誤で仕上げていきます。
少しずつ良くなっていきます。

最後の所は完全に要領をつかんで納得のいく仕上がりに出来ました。

左側が最初にやったところ右側が最後にやったところです。

最初の方はヘラのなぞった後が残ってしまいましたが最後には見事につるつるに仕上がりました。
プロみたいです。

また一つ技術の向上を感じた瞬間でした。
こうした経験の積み重ねって大切ですね。

なれた頃には作業終了です。
今度いつこの技術を発揮できる事やら・・・。


広告




一覧はこちら↓

 

案外積めるものです。イナバ バイク保管庫

2017/02/14

今日は浜松市浜北区でイナバのバイク保管庫 FXN-2234HYの工事をしました。

取引先の倉庫に材料を取りに行って私のハイエースに積み込みます。
この位のサイズになると積み込みがしんどいです。
1つ1つの梱包が重たくてクラクラします。

上手く積み込まないと1回では運べないのでキッチリ隙間がないように積み込んでいきます。
バイク保管庫はシャッターなのでシャッターが場所を取り全部は積み込めないので、一部屋根の上に積み込みます。
しかも今回は床タイプなのでさらに荷物の量が増えます。

他にもブロックを載せて行きたかったのですが、とても載せるスペースがないので現場に荷物を下ろしてからブロックだけ買いに行きました。
近くにホームセンターがあって良かったです。

今日は夕方から見積もり依頼があったので早く終わらせなければ行けなかったので猛ダッシュでくみ上げていきます。
午前中には骨組みが終わり屋根まで載せてしまいました。
これで何とか午後3時くらいには現場を出れそうな感じでした。

壁までつけて最後はシャッターを取り付けます。
梱包には48?2人で持つようにと書いてありますが、1人で運びます。
まぁ、シャッターにしては軽いほうですね。私でもこのサイズ位なら、持って運べます。
運べますが重いです。もう一人いたほうがやっぱり楽です。

シャッターも付け終わりちゃちゃっと完成させてしまいました。
丁度、午後3時に終わりました。

うーん。若かりし頃はもっと早くできたのになぁ。
年々、組立のスピードが落ちていくのが実感できます。

全盛期のころは1坪クラスの物置を1日3台は出来たのに、今ではどうやれば1日3台も建てられるのか不思議に思います。

さておきイナバのバイク保管庫の床タイプの床は普通の物置とちょっと違います。
見た目はこんな感じです。

バイク保管庫っぽい床ですね。

普通の物置は引き戸なので開け閉めがしやすいですが、
シャッターは開ける時にいちいちかがまなければいけませんが間口の開口が広く使えるのが特徴です。

一覧はこちら↓

 

早い者勝ちだよ!超お買い得!樹脂デッキを施工してみた。

2017/02/11

今日は、大須賀町で樹脂デッキの工事をしました。

お買い得情報で告知しているのに一向に問い合わせのなかったタカショーの樹脂デッキ(エバーエコウッド)が1台売れました。
これ本当にお買い得です。販売価格を載せたら同業者からクレームレベルです。
なのでこっそり販売しようとしていましたが、問い合わせがまったっくないので困っていました。

なぜ安いのか?ある業者から倉庫で眠っていたものを安く買い上げたからです。
倉庫で2,3年眠っていただけで新品です。

まぁ、相場よりあまり安いと本当に大丈夫と言いたくなるのが人情です。
丁度今回、知り合いが買ってれたので紹介します。

今回設置場所が土間コンクリートでしたが、既設のコンクリートよりサイズが少し大きかったので一部束石での工事となりました。
タカショーの樹脂デッキは今回が初めての施工となるとのでちょっと楽しみです。

説明書にざっと目を通して
ふむふむ どのメーカーもさほど作り方に違いはないようです。
ただ今回、壁と壁の間に収めるので細かい所で納まりが気になります。
普段施工しているものなら細かいところの納まりも分かっているので安心ですが、初めてのものだとやってみないとわからない事もあるので。

まぁ、普通に組みあがっていきます。
今回の樹脂デッキは束柱が調整束仕様でした。もともとの仕様がそうなのかも。

これ調整範囲に収まっていないと結構面倒だったりします。
今回も、土間コンクリートの部分は調整範囲より小さい寸法だったので調整束の意味がまったくなかったです。
こういったところが現場を知らない営業さんが見積もると余分に価格が上がる原因になります。
私は、調整束を使うくらいなら普通の束を切ったほうが早いので理由がなければただ金額が上がるだけの調整束はあまり使いません。

前の部分の束石を置いた部分だけが調整束です。

土台が組みあがってアンカーで固定します。

デッキ材を張って、幕板を取り付けて完成です。
偶然にも板の割り付けが壁と壁の間にすっきり収まりました。
奇跡の一品です。

メーカーのホームページを見るとデッキ材の温度上昇を抑えた加工になっているようです。
こうした人口木材のデッキは夏場の温度上昇が凄いです。素足で歩けないレベルです。
タカショーのエバーエコウッドはこの温度上昇を抑えた加工が最大の特徴といっても良いと思います。
今回初めての施工なので夏場どの程度デッキ材の温度が違うのかわかりませんが、普段施工しているものは暑くてたまらないのは知っています。
夏場に期待です。結果がわかれば紹介したいと思います。

残り2台
2間×12尺 通常販売価格 (工事費込・税込み) 24万円
2間×7尺  通常販売価格 (工事費込・税込み)40万円
色はダークブラウン

さらに〇万円の値引き!特価!
商品の詳しい説明はメーカーホームページで

写真の黄色で囲った部分が残っています。

ステップデッキも材料が揃っていればおまけでつけます。

気になる方はお早めにお問合せください。
なくなり次第販売終了です。

気になる方はこちら

一覧はこちら↓