現場日記

先に言ってください。テラス工事。

2017/04/08

浜松市天竜区で2間×8尺の移動桁タイプのテラス工事をしました。

今回のテラスは間口方向がいつもとサイズの違う関西間でした。通常、静岡県では住宅は関東間の尺モジュールかメーターモジュールです。関西間は関東間と比べて少しサイズが大きくなります。だからと言って別にどうってこともないですが、取り付け場所によってもう少しって時にメーターモジュールや関西間を選ぶことはあります。

しこたま雨が降っています、合羽を着ても袖口から雨がはいってきてビショビショです。今回のテラスは壁から80cmくらい屋根がとび出してしまうので加工が必要です。そういった加工もあるので雨の中での作業は加工する道具がぬれたり作業がし辛かったりでつらいものがあります。打ち合わせをして、後で別の業者が物置を設置するということだったので位置を決めて高さを確認してと作業が進んでいきます。が、骨組みを途中まで組み上げたところで

ん?待てよ・・・。物置とにかぶせるとか言っていたけどこの高さで本当に大丈夫?って心配になってきました。

で、もう一度お客さんに確認をとるとカタログをもってきて

これ・・・。って・・・これじゃ、この高さの設定では入らないですよ・・・。
そんなものがあるなら最初に言ってくださいよ・・・。
最初にこの高さでって言ってたのに・・・。

そこで、はじめてお客さんも気づいて、

どうしよう!って。

どうしようって言われても・・・。やり直すしかありません。もう柱は切ってしまってあります。この状態から高さを30cm高くしなければいけません。一度骨組みをすべて解体します。
幸い加工用の材料が1本あるのと柱の長さが左右でちょうど30cm位違う状態だったので、柱を入れ替え加工用の材料を柱にしたりでどうにか30?高さを上げました。

これでも物置を組み立てる時にブロックの高さの設定に気を付けなければ寸法が足りません。後は物置の組立業者が苦労するでしょう。
でも、お客さんはなんとかなった大喜びです。

このように別の業者と絡む工事の場合すべての工事の内容を理解している人がいないとこのようなことが起こります。つまり現場監督みたいな方がいないと大変なことになってしまいます。
ただ安いからと言って業者を分けると後で痛い目を見ることもあるので気を付けましょう。分離発注はお客様自身が責任を持つ必要があります。

それでも何とか組立は終わりました。

今回は三協立山アルミのテラスでしたが、少し仕様が変わっていました。
前の移動桁タイプはそれはそれは施工がしにくく三協アルミははっきり言っておすすめしたくなかったですが、今回の使用変更で施工性は格段に良くなっていました。
前桁の取り付けがしやすくなり前後の後付けビートがなくなったので作業時間短縮です。


広告




 

カーポートの屋根の張り替え

2017/04/01

今日は浜松市南区でカーポートの屋根の張替工事をしました。

カーポートの屋根の張替はよくあることです。古くなって屋根パネルが割れたり強風で屋根パネルが飛ばされたりと。
10年くらい前までは屋根材にアクリルという素材が使われていました。アクリルは衝撃に弱く一点に強い力がかかると割れる事が多く施工中に角をぶつけたりすると割れたりすることがありました。3mくらいの長さがあるものはパネルの真ん中を持ち上げたら真っ二つに割れたりもしました。当時は施工に非常に気を使いました。その後、素材がポリカーボネイトに代わり施工中に割れるよなことはなくなりました。ポリカーボネイトは非常に丈夫で風で飛ばされてしまっても割れることも少なく拾ってきてまた使えることもあります。

今回は古いカーポートでパネルも割れているところを見るとアクリル製の屋根パネルだと思います。見た目ではわからないですがアクリル製は大抵バリバリに割れています。今回はこのアクリル製というのが大変重要なポイントです。また、最近のカーポートは屋根パネルを抑える部材をネジで留めるのですが、古いカーポートにたまにあるのですが、屋根押さえがゴムハンマーで叩き込んで入れるものがあります。衝撃を与えるのでアクリル製のパネルでは割れる恐れがあります。しかも、アクリル製のパネルは古くなると脆くなっていて余計に割れやすくなっています。

古い屋根押さえを外し新しいポリカーボネイトの屋根尾パネルをのせてあた新しい屋根押さえをゴムハンマーで叩いて取りつけていきます。

慎重に慎重に・・・。ゴムハンマーがパネルに触れないように。
古いアクリルの屋根パネルと隣接するところは緊張します。うっかり割ってしまったら、今日の日当が吹っ飛んでしまいます。屋根パネルって意外と高価なのですよ。

無事三枚のパネルをポリカーボネイトの屋根材に交換することができました。
カーポートの屋根の交換くらいならDIYでも十分できるかと思いますが、このような叩きこんで屋根をおさえるタイプは慎重に作業をしないと余分にパネルを買う事になりかねないのでその場合はプロに任せてしまった方が安くつくかもしれませんね。


広告




 

カーポート・テラスの工事なのに・・勝手に観光大使In東栄町

2017/03/19

土日2日間かけて愛知県北設楽郡東栄町にカーポートの縦2連棟とテラス2間×5尺の間口・奥行き切り詰めの施工をしました。
久しぶりの遠征です。工事の依頼が来た時、住所を見て愛知県・・・隣の県・・・

ん・・?これはどこだ???

と思いGoogleマップで調べると、とんでもない山の中・・・・。でも、第二東名で行くと1時間半くらいでいける場所らしいです。
まぁ、1時間半ならたまに行く湖西市と時間的にはあまりかわらないですなぁ。

観光気分で相方と2人で遠征に繰り出します。
初日、第二東名を降りてから現場まで向かう途中は、ずーっと山の中。でも、わりと道はいいですね。信号もなくスイスイ進んでいきます。浜松の町中に行く時は、やたら信号につかまったり渋滞で進まなかったりで現場に着くまでにテンションが下がってしまいますが、スイスイ進むのでストレスがないのがいいですね。
お昼ご飯を食べるところがあるのか心配でしたが、道中わりと食べるところはありました。たまに近くのお店まで15分は車で走らないといけないような現場の時もありますので、東栄町は田舎のわりにお店があります。山の中なのにパチンコ屋まであります。

現場について一見して問題ない現場なので、二手に分かれて作業に取り掛かります。
私はテラスの2間×5尺の間口と奥行の切り詰め、相方がカーポートの縦2連棟を施工しました。別にどうもこうもないのでちょいちょっとお昼まで作業です。

あ~はら減ったー。お昼何食べようかなぁ。なんて考えたりしながら。

お昼は、近くの温泉施設へ食べに行きました。わりと人が大勢います。世の中は3連休のようなのでみんな遊びに来ているようです。
あちこちにチェーンソーアートが飾ってあります。

凄いです!気になったので家に帰って作った方の事を調べてみると世界チャンピョン・・・。
それは凄いわけですね。

ちなみに私は”そば”と”どて煮”を食べました。おいしかったです。
食後にフラフラ歩いていると奥三河のナイアガラという看板があったので行って見ました。

うーん ナイアガラ・・・。
水の量がすくないのかなぁ・・・。

お昼も食べて午後の作業が終わって初日はテラスが完成して、カーポートは柱だけ建てて帰りました。
帰り道来るときに気になていたパチンコ屋に寄ってみました。

人は何人かいるようです。こんな山の中だから懐かしい台があるのかと期待していましたが、ふつーでした。
あまりに普通だったのでやらずに帰りました。

2日目も特に問題なくサラッと作業を終わらせました。
そこら中に東栄チキンをいうのぼり旗がたっていましたので気になっていました。帰りにローカルなコンビニと書いてあるお店に寄った時に東栄チキンが置いてあったのでお土産に買いました。何種類か種類がありましたがみそ味の鳥皮にしてみました。食べてみた感想は、よく噛み切れるホルモンみたいな感じでおいしかったです。

たまには遠征もいいものですね。


広告




 

ウッドデッキのなれの果て!ウッドデッキの解体!YKK リウッドデッキ新設

2017/03/14

浜松市西区でYKKのリウッドデッキの工事をしました。

YKK リウッドデッキ組立 初日
新しくYKK リウッドデッキを新設する前に古くなったウッドデッキを解体しました。10年くらい前まではレッドシダー(米杉)のウッドデッキは良く出回っていたように思いますが最近は人工木の樹脂デッキが出てきてからは施工する機会はなくなりました。レッドシダーは柔らかく加工もしやすく当時は割と人気があった商品だと思います。しかし、やはり天然の木材なので腐る事は避けられないようですね。ここ最近、割とこういったレッドシダーのデッキの解体工事があります。

まずはデッキ材を?がしていきます。デッキ材は割と塗装したりするのでまだ大丈夫なところもありますが、植木鉢を置いてあったようなところはボロボロになっていました。順調にデッキ材を留めてあったビスを外しデッキ材をはずして土台だけになりました。ボロボロに腐っている部分があります。土台は塗装が出来ないので最初の塗装の効果がなくなれば後は腐りやすくなってしまうんですね。きっと。

こうなってしまうともうどうしようもないので、やはり最近は人工木のデッキが人気があるのもうなずけます。人工木のデッキもどのくらいの耐久年数があるかわかりませんが、とりあえず土台はアルミなので半永久的に大丈夫なような気はします。どうしても天然の木材が良い方は最近は無塗装でも20年近く大丈夫というものも出ていますのでそちらをお勧めします。ただし、結構いいお値段したと思います。天然木は、経年変化で独特の風合いが出てきますが、それを味ととらえるかただ汚いととらえるかで好き嫌いがわかれます。天然木のウッドデッキは綺麗に保つためには塗装は欠かせないので後々のメンテナンスにもお金がかかります。それと比べて人工木の樹脂デッキは汚れを洗い流す程度のメンテナンスで済むので後が楽でいいですね。

なんとか既存のデッキを解体して束石をならべて土台を組み立てたところで今日は作業終了です。

明日から2日間こちらの現場はお休みにさせていただいて、昨日から組み立てている御前崎市の四国化成のライズルーフの続きに入ります。


広告




YKKリウッドデッキ組立 2日目
前回から2日間あけて浜松市西区でYKK リウッドデッキの工事の続きです。

前回は土台までを終わらせてあったので今日はデッキ材を張るところからです。
オプションのデッキフェンス、門扉と独立ステップデッキの取り付けがあるのであまりのんびりと作業することはできません。こうしたオプションのデッキフェンスや門扉がある場合は、デッキ材を張る前に下準備が大切です。後からでも出来なくはないですが、最初にやっておいたほうが後々作業が楽です。

デッキフェンスや門扉の柱が来るところにベース材を取り付けておきます。


写真の撮り方が悪くてすみません。これでは見る人が見たらわかるけどみたいになってしまいましたね。

YKKのオプションは取り付けが簡単でいいです。これがLIXILのデッキフェンスだと取り付けがしにくいと言う事はありませんが、デッキフェンスの柱にいちいち穴あけをしないといけないのでめんどくさいです。細かい事のようですが、今日終わるか終われないか一刻を争うような現場ではイライラのもとになります。現場の人間にとっては出来るだけ時間のかからない方がうれしいです。まぁ、イライラするのは大抵、他の業者からの依頼で時間的余裕がない現場ですけどね。私が直接お客様から依頼を受けるとバッチシ時間をとってあるので心にゆとりをもって作業できます。

サクッとデッキ材を張り終わって幕板を取り付けます。
YKKのリウッドデッキの幕板は正確な大きさの穴をあける必要があります。穴を栓で塞ぎますが、穴が大きいと栓がゆるくて幕板の中に落ちてしまいます。落ちたら取り出すのに一苦労します。キッチリ10mmの大きさであけてください。

幕板を取り付けたらデッキフェンスを組み立てていきます。ちょいちょいっと組み立てられるんで作業に勢いがつきます。門扉の所は先に門扉の柱を取り付けてしまいデッキフェンを切り詰めて残りの寸法に合わせます。この切り詰めが慣れないとちょっと難しいんですけどね。写真を撮り忘れたんで方法はまたの機会に伝授します。

あとは、独立ステップデッキですがこれが簡単そうでちょっと手間がかかります。小さなデッキをもう一つ作るようなもので、束石を据えるところからの作業になります。独立ステップデッキは、高さが一段低くなるので、アンカーが打ちにくく作業の手順をよく考えないとアンカーをどうやって打てば良いのかわからないと思います。なんだかんだで、組立終わって作業終了です。


広告




 

本当に3日で終わるのこれ?厄介なカーポートみたいな通路シェルター 四国化成ライズルーフ 

2017/03/13

今日から御前崎市で四国化成のライズルーフの5連棟を施工します。

四国化成ライズルーフ組立 初日
最初にこの依頼が来た時に2人で上手くいって3日、はまれば5日くらいを考えていました。そういう予定を組んであったのですが、現場が遅れているから日程を変更してくれと言われました。
もう、どつぼにはまるパターンです。大きな工事現場では日程のズレはよくある事ですが、日程をずらされると後の工事がつっかえてしまってどうにもならなくなってしまいます。余裕をもって予定を組んだつもりが一変してきつい予定に早変わりです。
今回もカツカツの予定になってしまい3日しか予定が取れなくなってしまいました。しかも、ところどころ1人で作業しないといけない日もあります。さらに、四国化成のライズルーフは今回が初めての施工になるので時間が読めません。一見、吊り下げ式のカーポートですが、図面を見ると天井もつくので手間がかかりそうです。
現場に行く途中でどう施工するか相方と打ち合わせしながら向かいます。
普通のカーポートの連結なら1台組上げてしまい後はそこへ連結していくのが上手くいくと思います。これを柱だけ建ててから組み立てると柱の通りと角度がそろわないと前枠が波打ったようになる事があります。なので今回もそうやるか検討しましたが現場の状況と日程が続けて入れない事で初めに基準となる1台目を組み上げる方法はちょっと難しいと判断しました。
図面によると吊り下げ式なのである程度の誤差が許容されるようなので柱を先に建てて固定してしまう方法を選択しました。
とは言ってもある程度精度は要求されるので気を使います。
10本柱を通りと角度を合わせるのは正直大変な作業です。幸い今日は風がなかったので糸を張ることが出来ました。これが風が吹いていた日には風で糸が揺れてしまいとても作業が出来るものではありません。
両端の柱を建てて上下に糸を張って一応通りと角度がそろうように柱をコンクリートで固めていきます。思ったよりもサクサク作業が進んで何とか柱を10本建てました。見上げるくらいの高さで10本キチンと並んだ様は見事な物でした。

あまりに見事だったので脚立に上って柱の通りがでいるか確認すると・・・おー!素晴らしい。見事に揃っています。

これで次回の施工が問題なく進んでくれればいいですが。

時間が余ったので次回の下準備で部材の下ごしらえをしました。普通のカーポートにくらべ四国化成のライズルーフはかなり頑丈な造りでした。部材はやたら重く1人での作業は大変そうです。次回は下手したら1人での作業になってしまいます。他の日程がずらせるか心配です。
今のところ私の心の中の予定は次回二人で来て屋根まで終わらせて、3日目に天井やらトイ、カバー類を付けれればいいかな。って感じです。でもおそらく3日目は1人になってしまいそうです。明日以降の現場の様子次第ですが・・・。

初挑戦の四国化成のライズルーフ!3日で5連棟完成できるのか!






四国化成ライズルーフ組立 2日目
今日は風が吹き荒れていました。よかったー。昨日、風が強かったら水糸が風で揺れて柱の通りなんて精度よく建てれなかったですよ。

初日に柱を建てて、屋根の骨組みを組むための下ごしらえまで済ませてあったので朝から組み立てていきます。これ1人で組み立てるのははっきり言って無理です。いちいち材料が重いです。予定を組み替えて2人で作業できるように出来てよかったぁー。最初、屋根の骨組みは1人でやるつもりだったんですよ。でも初日に材料を持ってみたらあまりの重さで一人では無理と判断して他の予定をずらしました。ほんと迷惑です。こういった大きな現場では他の工事との絡みもあるので工事のずれは仕方のない事ですが、2人で余裕をもって作業できるようにしておいた予定を直前にごっそり動かされてしまうと他の工事にもろ影響が出ます。こちらは、かなり前からこの工事に向けて準備してきたのに台無しです。

そうは言ってもやらないわけにもいかないので屋根の骨組を組立てていきますが、どうにも足場が悪いやら初めて施工するので慣れないのもあって作業のスピードがあがりません。
部品点数も多いでのいちいち手間がかかります。しかし、初日の柱を建てた時にかなり気を使って柱の垂直と通りを出しておいたので思いのほか、調整をしなくてもうまく組みあがっていきます。

なんかすごいねぇ。ビシッと出てるよ。と相方と二人でちょっと感動です。

目標としては屋根の骨組みを完成させることでしたが、結局夕方までかかって大体骨組みは組めた感じですが、まだ明日すぐに屋根を張るところまではいけませんでした。

これ本当に3日でおわるのかなぁ?いいや終わるけないよね。だってまだ天井もあるよ。3日だったらせいぜい屋根が張れたらいいんじゃない。
相方と二人でブーブー言っちゃいました。

とりあえず、担当の営業さんには3日じゃ終わらないよ。って報告しておきました。

やったことがない商品は本当に時間が読めなくて困りものです。

今日の作業はここまでです。
本当に終わるのか?四国化成のライズルーフ5連棟!
明日も続けて作業に入ります。






四国化成ライズルーフ 3日目
昨日の続き四国化成のライズルーフ5連棟の続きです。

私が朝から屋根の残りの骨組みを組んでいきます。その後を追って相方が屋根を張り始めました。
この辺りは普通のカーポートと変わらないので、慣れたものです。ちょいちょいっと骨組みを組み立てて。相方と二人で屋根を張っていきます。
ライズルーフの屋根はアルミの板ですね。でも、まぁ普通のカーポートの屋根材と基本的には組立方も変わらないのでサクサク作業が進んでいきます。

あれあれ?なんだか今日終われそうな勢いでないですか?

スピードに乗ってくると作業が早いです。
結局、お昼までに屋根を張り終わることが、出来ました。

もしかして?
散々、担当の営業さんに終わらにとボヤいていたのに・・・。終わっちゃいそうです。

午後から天井の取り付けです。図面を見るとネジを6本位留めてカバーをはめるだけです。
とはいっても5連棟ともなるとかなりの数の天井材を取り付けなければいけません。最初の一枚目を張ってみると・・・。
あら以外に簡単!これは、サクッと終わりそうです。ネジを、ぴゅっぴゅっと留めてカバーをトントンとはめてなんだっかんだで15時ちょっと過ぎには天井が張れてしまいました。

残るはカバー類ですが、数が多いので時間はかかりそうです。う?ん。やっぱり今日終わるの無理かなぁ。
当初2人で3日しか取れなかった予定が相方の予定が1日空いてしまって次の日も来れることになってしまったので今日は無理するのやめよーっと。

残りは相方に任せて・・・。

これなら最初から全力でやっていたらもしかしたら3日で終わったかもしれません。
最初から無理とかいってはダメですね。しかし今回はたまたま、うまく進んだに過ぎません。ポイントがいくつか分かったので書いておきます。

四国化成 ライズルーフ5連棟の作業(手練れが2人で)
1,柱だけ最初に建てておく方が後の作業が楽です。かなり精度よく。
2,柱を建てる日は風のない日に。水糸が風でゆれると精度が出しにくいです。
3, 1日目は柱を建てて、骨組みの下準備。
4, 2日目までに屋根の骨組みが終わっていれば3日で完成も可能かもしれません。ただ、かなり全力を出してください。余裕をみるなら7人工あればいいかな。
5,作業は2人で。材料が重かったり、長いので1人での作業は困難です。

まぁ、基本的には吊り下げ式のカーポートに天井がついたって感じです。ちょいちょい部品の取り付けといろんなところにカバーを付けるのでそれが手間がかかります。そんなにビビるほどでもなかったです。


広告