オリジナルな道具

なめたー!ビスの頭なめちゃった!潰れたビスのはずし方

2016/06/23

M6くらいまでのネジの頭がなめてしまった場合の対処を紹介します。

その1 ネジザウスル

まぁこれが一番手軽で良いですね。

なべ・トラス・六角の頭に有効

その2 ねじ外しキット

うまくやらないとドリルが折れてしまうのでコツが必要でちょっと難しいような。
以前、使用した感じでは数本で折ってしまってすぐに使わなくなりました。

+、-の頭に有効

その3 グラインダー

ネジの頭に一文字に切り込みを入れてマイナスの頭にしてコインなどで回す。準備が面倒で切り込みを入れるのに気を使います。

なべ・トラス・六角の頭に有効

その4 ドリルでネジに穴あけ
ネジのピッチ分細いドリルで穴をあけてタップを切りなおす。

詳しくはこちらの記事でクリック

ネジ全般に有効

その5 ビスブレーカードライバー

ネジの頭をこれで叩いて使います。
衝撃を与えられる場合はいいですが、衝撃を与えると物が凹んでしまうような場面では使えません。

なべ・トラス・皿の頭に有効

その6 ネジはずし

ネジの頭に塗って使います。

+.-の頭に有効

頭が皿の場合はネジザウルスは使えませんが、なべやトラスなら
大抵はネジザウルスで何とかなりますが、ダメな場合は貫通していないネジはその3のやり方で、貫通してもいい場合はその4のやり方が良いと思います。

ネジザウルスばんさい!




 

これは失敗!買ってはいけない工具 その3

2016/06/23

これは、いいと言えばいいんだけど使い方が難しくてちょっと失敗した感じと言う工具です。

よく見積もりに行った時など長い距離を測る事がありますが、巻き尺を持ってあっちに行ったりこっちに行ったりめんどくさい!
一人だと、巻き尺の端を持つ人がいないので鉄筋を地面に打ち込んだりして簡単に距離を測るものはないものか?

工具やに行くとあった・・・。
10年ほど前ですがこれと同じようにレーザーで距離を測る道具を買いました。

レーザー距離計。
10年前くらいに買った時はどこのメーカーだったか7万円位したのに・・・。
今はこんなに安くなっている・・・。

これ使い方にちょっとコツが必要です。
屋内なら割と良いと思いますが屋外では、はっきり言って難しいです。

レーザーのポイントを照射してボタンを押せば距離が測れるのですが、ポイントを見つけるのが非常に難しいです。
私が使っていたものは計測器にスコープみたいのがあって覗けばレザーの照射位置がわかるのですが、手で持って狙いをつけるのは非常に難しいです。
計測器を三脚のようなものに固定しないとボタンを押した瞬間に手振れでレーザーの照射しているポイントが動いてしまいとんでもない事になってしまいます。

使うための技術が必要なので、あまり気軽に使えるようなものではなかったと思います。
しかし屋内のような場所ならそれなりに便利だと思います。

しかも、今は進化していて計測データをスマホで管理できるようです。
ちょっと興味津々です。

試しに無料アプリがあったのでダウンロードしてみましたが英語でいまいちよくわかりませんでしたが、
慣れればきっと大丈夫!

10年前は失敗したけどこの価格ならもう一度買ってみたくなってしまいました。

これは失敗!買ってはいけない工具シリーズ

夏場の暑さ対策。空調服ってなんだ?
その1

穴掘りが楽にできないかなぁ?。
その2

コンクリート均すならこれ!興味持っちゃダメ。
その4

 

カーポート工事に役立つ技 (支え方)

2016/06/20

DIY挑戦者の方は何人くらいで作業するつもりでしょうか?
私たちプロは、大抵の作業は一人でも出来る工夫を持っています。

今回はカーポートを建てる場合に使える、カーポートの支え方を紹介します。
こういった道具を作ることで一人でも十分安全に作業できると思います。

怪我をしたら元も子もないので、しっかりと準備してから作業に入りましょう。

カーポートの支え方

写真のように私は、大体3通りの方法を使っています。
突っ張り棒は、以前は垂木を利用していましたがカーポートの垂直の微調整がしやすいのでこれがおすすめです。
基本、屋内用の道具なので雨にぬらすと錆びてしまい動きが悪くなるので帰る時には垂木と交換します。
プロにはおすすめの一品です。
しかしDIYで一度きりしか使わないような場合作業はしやすいですがコストの面ではおすすめしません。
やはり垂木などで代用したほうが良いと思います。

三脚は、柱を建てる場合に最適です。
かさばるので常にもっての移動は邪魔になります。
あまり場所を選ばず設置でき柱を支えたままコンクリートを入れられるので作業性はいいです。
ただこちらもDIYでは道具にコストがかかってしまいます。

コンパネは、手軽で収納がしやすいので常に車に乗せてあります。コンクリートを入れる時邪魔になるが欠点です。
コストがかからず手軽に作るれるのでDIYで使うにはおすすめです。
いくつか使えば、材料を置いたり作業台としても使えます。
コンパネは、コンクリートの場所ではかなり安定性がありますが、土の場合には設置場所を出来るだけ平らにならしておいた方が安定します。

いろいろな条件に応じて組み合わせて使えばより安全に作業できます。
DIYで作業する場合は、まずコンパネで柱を支えながら、梁を付けたら垂木で支えるようにしたら良いと思います。

骨組みが組みあがってしまえば垂木だけで十分支えることが出来ます。

場合によってはこのような施工方法を取ることが必要になってきますが、DIY挑戦者の方は出来るだけ最初に柱をコンクリートで固めてしまった方が安全に道具を作るコストをかけないで作業できるのではないかと思います。


広告




コンクリートにビスを効かせたい場合

2016/06/16

何かとコンクリートにビスを留めたい場合があると思います。

そこで、どんなものが良いか紹介したいと思います。

使う工具はこれ、振動ドリル。(23mmまで)

 

振動を切ることもでき、振動を切れば普通の鉄鋼用ドリルも使えますが、これが必要です。

 

ハツリやコア空けにも使えるものがこちら。

 

振動ドリルとかハンマードリルとか言いますね。
上のものは細い径の時に下のものは太い径の時に使います。
大抵は上のもの位の作業能力があれば十分ですね。
両方持っていますが、下のものはここ何年か使っていません。

で、ドリルはコンクリートドリルと言うものを使用します。

 

これはSDSシャンクですが、サイズが2種類あるので注意してください。
小さい径のものがSDSプラスで、大きい径のものがSDS-maxと言います。

石やタイルは、非常に固いのでタイル用と書いてあるものを使った方がいいです。
ただ、ドリル1本で数本の穴あけしかできません。
水を付けながらやればもう少し使えますがそれでも何本も空けられるものではありません。

あと、タイルは振動を与えると割れてしまう可能性が高くなるので振動ドリルの振動をきって使う事をお勧めします。

インパクトドライバーを使って穴あけも出来ます。

 

インパクトドライバーでコンクリートドリルを使う場合は回転数を上げないで使用したほうが良いです。
あまり回転数を上げるとドリルが熱を持ち切れ味がすぐに落ちてしまいます。
力任せに押さえつけるのではなくドリルが入っていくのに合わせて送るといった感じです。

コンクリートドリルで穴あけをするときは、ドリルを抜き差しして切りカスをよく排出してください。
そうしないと切りカスが詰まってドリルを折りやすくなります。

コンクリートビスは、下穴をあけそのままビスを打ち込むことが出来るものとプラグと言ったものを使う場合があります。

下穴だけで良いものが

 

コンクリートプラグと呼ばれるのが

 

私は直接打てるビスのほうが使い易いのでコンクリートプラグはあまり使いません。

どちらも穴あけに必要な径が書いてありますのでそれに合わせたドリルを用意する必要があります。
ちなみに3.4mm、4.5mm、はコンクリートビス、6mmはプラグでよく使うドリルです。

いずれも5mmくらいまでのビスで使用しますが、
もっと太い径ではハードエッジアンカーと言うものを使います。

 

 

ホームセンターでも見かけるのは下のオールアンカーというものですが、
これは、慣れないとちょっと扱いが難しいようにおもいます。

 

これは穴の中で広がって摩擦で抜けなくなるものですが、この中で広がるというのがコンクリートのきわに打ち込む際にコンクリートが割れる原因になります。

ハードエッジアンカーのほうがアスファルのように薄い場所(強度は不足しますが、どうしてもと言われれば)やコンクリートのきわでも使用できるので使い勝手もいいです。

オールアンカーではここまで際に打ち込むとコンクリートが割れる可能性が非常に高いです。

ハードエッジアンカーとオールアンカーを足したようなものがタップスター

 

両方のいいとこどりをしたようなものですね。
ただしコストが高いので私はほとんどハードエッジアンカーです。

コンクリートに太い径のボルトを留めたいときに一番いいと言われるのがケミカルアンカー

 

これは薬剤でボルトを接着してしまうものです。使用するボルトの太さで薬剤の入った瓶の太さを変える必要があります。
使い方は下穴をあけ薬剤の入った瓶を穴に入れてボルトを叩き込んで瓶を割って中の薬剤を出します。

これは、ちょっと注意が必要で強度を出すために必要な穴の深さがあるのでそこまで穴があけられるかが問題になります。
12mm位のもので100mmくらいの深さを確保しないといけなかったと思います。
ですので駐車場のような場所は大抵100mmくらいなので下に突き抜けてしまいこれが使えない事があります。

そのような場合強度は不足しますがどうしてもと言うような状況ではこちらのものが良いと思います。
これは、深さとボルトの径に自由度があります。

これはスパイラルノズルで1液と2液を混ぜて使用しますので、ノズルは1度の施工で使えなくなってしまいます。
少ない数を施工する場合は不経済になります。

 

これも必要です。

 

一応、ノズルだけ別売りしています。

 

これらの接着系のアンカーは、こういったボルトを使います。

 

それぞれの用途に合わせた方法をご検討ください。

夏場の作業は熱中症の恐れがあります!対策は万全に
夏の暑さ対策グッズはこちら

 

これは失敗!買ってはいけない工具 その2

2016/06/09

買って大失敗した工具その2はこれです。

仕事がら穴をよく掘ります。このエクステリア商材の組立の仕事について16年。今まで数知れない穴を掘って掘って掘りまくてきました。
穴掘りは本当に大変です。若かりし頃には体力作りだ!くらいに思っていましたが。いい加減飽き飽きしてきます。
土を動かす仕事は楽ではありません。場所によって石がゴロゴロ出てきたり、地盤改良してあるところはコンクリ―トのように固かったり・・・。
何とか楽に穴が掘れなものか?いろいろ探したら探したら・・・。あった。
こんな工具が

 

ふむふむ、ドリルのデッカイやつねだね。
これは、楽かも!
早速購入!

試してみたら・・・・。

うん?
全然掘れないんですけど。
地面かたいのかな?

試しに畑の柔らかい土で・・・。

う?ん。
掘れると言えば掘れるけど。

もう一度別の場所で・・・。

だめ!

石があるとこだと石に当たったら全く掘れないよ?。
おいおい!どうなってんだー。
柔らかい土なら別に手で掘っても楽勝なんですけど。

これでね。

 

このエンジンオーガは場所を選ぶね。
動画とか見るとすごく簡単に掘れているように見えるけど、よく見ると畑の柔らかい土です。
これでは、私の仕事では全く使えなかったです。

試しに使っただけで一年倉庫で埃をかぶった後、リサイクルショップへ・・・。

エクステリアの工事では使えませんが、畑などの柔らかい土で使う方なら良いかもしれません。
ただ径の細い杭打ちなどの下穴なら
これのほうがいいかもしれません。

これハンマードリルを利用していますね。

 

これらは埋設物がないと確信を持てる場合は良いと思いますが、怪しい場合は使わない方がいいと思います。

でないとこうなります。こちら

これは失敗!買ってはいけない工具 シリーズ
その1

その3

その4