デッキ

プロが教えるDIYで作る樹脂デッキ施工方法 

2016/05/23

樹脂デッキをDIYで組み立てる方法を伝授します。

まず、材質が木と樹脂の特徴を比べてみます。

木のメリット
材料の入手が簡単。(材料を切り間違えてもすぐ手に入る)
自由度が高い。
加工しやすい。

デメリット
耐久性が心配。
無塗装でも耐久性のある素材は値段が高く加工がしにくい。

樹脂デッキのメリット
ほぼ組み立てるだけ。
塗装しなくてもよい。

デメリット
初心者は加工が大変。
材料がほしくなってもすぐ手に入らない。

それぞれメリット・デメリットがありますが本業の樹脂デッキを解説します。




デッキは縦張りと横張りがありますが何も指定しなければ縦張りになります。
縦張りのほうが施工はしやすいので解説では縦張りで説明します。

1、位置出しと基礎の作り方
設置場所が土の場合は基礎を作る必要があります。
まずは設置場所を平らにならしましょう。

束の位置を図面に従って決めます。
この時躯体よりの束の位置は要注意です。
サッシ下にデッキを潜り込ませる場合デッキ材を固定できなる可能性があります。
特に三協立山アルミのひとときはほとんどの場合図面の位置ではサッシと干渉します。

図面ばかり見ているとこういったところでドツボにはまります。

その時は束の位置をサッシと干渉しない位置まで移動します。
しかし、オプションのフェンスなどを取り付ける場合は要注意です。後々この移動が厄介になる場合もあります。

図面によると束石を地面に埋めコンクリートで根巻きするようにとあります。
デッキ基礎図

図面では束石を据える事になっていますが、束石を据えないで束柱をそのままコンクリートで根巻きする施工方法をとりたいと思います。
なぜかと言うと
束石はコストがかかります。ホームセンターで大体1個500円?800円位だと思います。
数が多いと結構な金額になり運ぶのも大変です。大体2間×6尺のサイズのデッキで12個?16個位だと思いますが、金額にすると6000円?13000円位。
1個当たりの価格が安い場合は良いかもしれませんが、なかなか安く買えるところがありません。
たとえあったとしても数がまとまらなかったりと私たちでも、束石の手配は苦労することがあります。
1/2ブロックなら1個100円位でいいですが、見た目がカッコ悪いのとアンカーがききません。

束石の位置出しがデッキの出来を左右します。
DIY初心者が正確に並べるにはちょっと難しいので穴を掘って穴の底を水平にモルタルで均しておく方がデッキの位置出しに多少融通がきいていいと思います。

後この方法のメリットは束柱自体をコンクリートで根巻きしてしまうのでアンカーを打たなくてよいので、用意する工具も少なくて済みます。

設置場所がコンクリートの場合は、アンカーを施工する必要があります。
またコンクリートは水勾配がとってある場合がほとんどですので、束を1度位角度をつけて切らない束の座りが悪いのでちょっとDIY初心者は難しい作業になります。
ただし、束をうまく切ることが出来るならコンクリートの上に設置する方がはるかに施工は楽になります。

2、デッキの高さを出す。
この作業がDIYでは1番難しい作業となります。
束をmm単位で正確に切る必要があるので卓上丸鋸なども必要になってきます。

ここで墨出し器が必要になってきます。墨出し器がない場合は調整束を使用すると墨出し器なしでも施工は可能です。
ただし調整束は、切って使う束に比べコストが上がります。
それと注意しなければならないのは、束を調整できる範囲があるのでその範囲内で施工をする必要があります。
私が良く依頼を受けてデッキを施工するときに、デッキの高さが低すぎて調整束の意味がない時が多々あります。(結局、束を切って施工する)
販売店の多くが、このことを全く気にしないのでただ高い材料を使っただけのことがあります。
調整束は、初心者には施工しやすいかもしれませんがプロには面倒なだけです。
道具があるなら切ったほうが楽で速いです。
しかし、道具をあまり持っていないDIY挑戦者には調整束はおすすめです。

墨出し器があれば束の長さは計算して束柱を切ります。

調整束は水平器で調整していきます。
結構面倒ですが頑張ってください。

躯体側にデッキの土台となる大引きの高さに印します。
あまり寸法めいいっぱいにしないで10mm程度余裕があるといいと思います。

デッキ高さ調整

樹脂デッキ 土台

この作業は慎重に行ってくださいこの作業がデッキの高さの基準になります。

前後の大引の高さが決まったら中の大引の高さを合わせます。
サイズやメーカーによって大引の本数が変わります。
特にYKKのリウッドデッキは他のメーカーの同じサイズより大引は多くなる事があります。

樹脂デッキ 土台No3

残りの束柱を取り付けたら位置を調整してコンクリートを入れます。
対角を出すことを忘れずに対角が違うとデッキが平行四辺形になってしまいます。

デッキ 土台

LIXILはデッキ材を両端に仮止めすると位置が出しやすいです。
YKK・三協立山アルミは根がらみがあるので根がらみを取り付けると位置が出しやすいです。

後は、図面に従って施工するだけです。
ここまでが樹脂デッキを作る上で一番大変なことです。

束石で施工する方へ
水糸張り方のヒントはこちら

夏場の作業は熱中症の恐れがあります!
夏の暑さ対策グッズはこちら

一子相伝DIY!
DIY物置
DIYカーポート


広告


 

エクステリアDIY 樹脂デッキ編

2015/10/02

樹脂デッキは、DIYで挑戦するには少し難易度が上がります。
切り詰めや障害物を避けるための切欠きといった、加工が多く道具も必要になってきます。

point
通常の施工方法では地面が土の場合は束石を並べます。
束石での施工の場合かなり精度よく束石を並べないと後で苦労します。
高さの調整は調整束タイプを選択すれば、高さ調整が簡単になりますが道具がそろっているなら束は切った方が楽でコストも抑えられます。

新たに土間コンクリートを打設する場合は、水がたまる可能性はありますが水平にした方が後の施工は楽になります。
既にコンクリートが打ってある場合は大抵1度?2度程度の傾斜がついているので束を斜めにカットしないと束の座りが悪くなります。角度切が出来る丸ノコが必要になります。
その代り束の位置出し作業が簡単になり施工性は良くなります。
また後々、デッキ下がきれいで束の不陸がないのが良い点です。

かまツーがお勧めする、初心者の方の施工方法は束を地面に埋め込んでしまう施工方法です。
これはあまり施工しないやり方ですが初心者にとっては一番問題が少ない方法だと思います。
この方法だと、束石での工法より位置出しに神経を使う事がないし土間コンクリートのように束を斜めに切る必要もありません。
また、束石やアンカー止めする時に使う振動ドリルなどが不要になりますのでコストも抑えられます。
樹脂デッキは、骨組みが組めればデッキ材を張るのはそれほど難しくありません。
後は幕板の種類で多小難易度が変わります。

どのメーカーを選ぶか?
三協立山アルミ ひととき

組立説明書は理解しやすいとは言えないと思います。
場合によって図面の寸法通りで束の位置を決めるとデッキ材を張るときに「うっそー!!」って事になります。
私も、たまに他のメーカーと勘違いしてしまい「やっちまったー」って事があります。
そうなっても、完成できない事はないですがかなり作業効率も落ち”イラっと”します。
寸法出しはかなり精度を要求されますので少し難しい印象もありますが、作りは良いのでお勧めです。

 

LIXIL 樹ら楽ステージ
組立説明書はまずまず理解しやすいでしょう。
施工性は良いと思います。
ただし、厚いタイプの幕板を取り付けるのは注意が必要で、うっかりするとうまくはめることが出来ずどうにもならなくなってしまう事があるのでこれだけは注意が必要です。

LIXILでもレストステージは避けた方がいいと思います。
コスト面ではレストステージの方が抑えられますが、加工が大変です。

こちらで図面を確認できます。クリック

 

大引きに正確なピッチでたくさん穴あけをしなければいけません。
ほかの商品はこの作業がないです。特にDIYで初めて挑戦する方にはおすすめできません。
正確な穴あけを何十個もしなければならないため難易度が上がります。

コスト優先で出来栄えを気にしなけれOKです。

YKK リウッドデッキ
図面は一番理解しやすいと思います。
施工性も悪くないのでまずまずです。
デッキ材が他のメーカーより薄いので大引きの数が増え束も多くなります。
基礎工事が他のメーカーより時間が余分にかかります。

どのくらいの時間がかかるか
デッキの大きさにもよりますが2間×6尺くらいで、束石を並べる方法・穴を掘って埋め込む方法では土台の骨組みを組むのに1日位。
コンクリートの上に設置なら半日くらいだと思います。ただし、新たにコンクリートを打設する場合はそちらの工事が時間がかかります。

土台の骨組みが出来てしまえば、デッキ材を張るのと幕板で1日くらいだと思います。

フェンスや階段などのオプションの取付は思いのほか時間がかかります。
1つのオプションを取り付けるのに2時間はみておきましょう。(フェンスは1カ所2時間×枚数)

組立の流れ(本体)
束の位置だし
図面に従って束の位置を出しますが、この時注意しなければならないのがサッシ下にデッキをもぐり込ませる場合です。
サッシが壁から何mm出ているか確認して大引きと干渉しないか確認してください。
三協立山アルミの場合、高確率で図面通りで位置を決めるとデッキ材のビス止めが出来なくなります。
この時、図面通りに施工してしまった場合はデッキを張る段階で骨組みを前に引っ張り出し、デッキを貼り終わったら元の位置に戻します。
束石での工法の場合は、束が束石から落ちてしまう事が多いので大変施工しにくくなります。
アンカー止めの作業もデッキが貼り終わってからしなければならないため、デッキ下に潜り込んで作業することになるので作業しにくくなります。

束の高さを決める
レーザー墨出機があると高さを図りやすいです。
ない場合は水平器でも出来ますが、高さ調整束を選ぶ方が作業しやすいと思います。
束の高さは正確に出さないと束が浮いてしまいます。
ここまでがデッキ工事の難しいところです。

土台を組む
束の高さが決まってしまえばビス止めするだけなので、図面に従って施工してください。
組み終わったら、対角を確認して位置を正確に出してください。

アンカー止め
土台の位置を決めたらアンカー止めします。

デッキ材を張る
両端にデッキ材を置き糸を張って、通りを合わせてデッキ材を張っていきます。この時、特に三協立山アルミは正確に寸法を出さないと幕板がうまく取付できません。

幕板を取り付ける
図面にしたがって幕板を取り付けます。
LIXILは厚いタイプの幕板を選んだ場合、かなり慎重に取付を行ってください。一度はめ込んでしまうと外すことが簡単ではありません。

アドバイス
樹脂デッキは、施工場所によってメーカーや施工方法を変えるほうが初心者の方にとっては施工しやすいです。
そういった判断をできる販売店で材料を購入しないと途中で投げ出してしまう可能性が高い商品になります。

プロが教えるDIYで作る樹脂デッキ施工方法


広告