柴犬 ダンの日記

血統書

2016/12/28

血統書が届きました。
立派な和紙に4代前の爺さん婆さんまで書いてあります。
俺なんて自分の家系図すら見たことないのに・・・。

しかし、血統書の見方が分からん・・・。
でも、なんか親がなんとか賞受賞とか書いてあるけどこれはすごそうです。
ダンよ。お前はなんて立派な家系のおぼっちゃまなのだ。
血統書の名前も”葵の紅嵐号”なんて名前が付いているではないか。
これはなんだ?源氏名みたいなもの?
うーん。犬の世界はわからん。
小学生の時に飼っていた犬は確か雑種だったから、ぜんぜん気にしたことがなかったなぁ?。
なんだかお犬様って感じで、我が家に来ても良かったの?って思ってしまいます。

いやいや、でも犬は犬!俺は犬として扱うぞ!
どんな血統でも関係ない。ご主人様に使えてこその犬だ!犬なのだ!
ってそんな立派事が言えるご主人様になれるのか心配です。

家に来て早10日、時々トイレは失敗するけど元気いっぱいに育っています。

ワクチンプログラムが終わってないから敷地の外に出すのはなんか怖いんだけど。
早く散歩に行きたいな。こんなに犬って気を使わないといけなかったっけ?

とりあえずよく分からないので大事をとって散歩に行くのはワクチンが終わってからにしよっと。

葵の紅嵐号